余ったポイントはEdyで活用?

Edyとは、あらかじめカードや携帯にチャージ(入金)して使うプリペイド型の電子マネーです。

このEdyでも、エコポイントの交換を受け付けています。交換レートは1ポイント=Edy1円分なので交換率で損をすることはありません。しかしEdyでは、交換額から100円の手数料を差し引くことになっているので、たとえばポイントが500円ぶんあまっていたのでEdyに交換を申請したとしても、手元に戻ってくるのはわずか400円となってしまいます。1円単位で交換できるというシステムはありがたいですが、小銭額程度のポイントの交換に利用すると100円という額は結構大きく感じられますね。

ただEdyは利用できる場所が多彩なので、利便性に優れています。ampm、サークルK、サンクス、ファミリーマート、ミニストップ、ローソン、紀伊国屋書店、マクドナルド、マツキヨ、ヨドバシカメラなど、足を運ぶ機会が多そうなお店が名を揃えています。
Edyのエコポイント交換は書面で行います。申請用紙は家電販売店、郵便局で入手できるほか、インターネットからダウンロードできます。